ボトックスエラの詳細【不安や疑問を取り除いてくれる】

女性

小顔になる効果

レディ

実際の流れ

ボトックスエラは顔のエラが気になっている場合に、エラの筋肉に直接ボトックス注射をすることでエラの筋肉を弛緩させて顔を小さく見せる効果のある施術です。エラが張っている状態というのは、元々の顔の骨格もありますが、噛みしめる力が強かったりしてエラの部分の筋肉が大きく発達していることで顔が大きく見えているという場合もあります。そのような時にはボトックスエラを行うことで一時的にエラの筋肉の動きを抑制し、その状態を数カ月続けることで筋肉が徐々に小さくなることを利用してエラの張りを目立たなくさせます。この治療は施術自体は10分ほどで終了するもので、時間がかからないことが大きなメリットです。もちろん注射をするだけの治療なので、顔にメスを入れることもありませんし、傷跡が残ることもありません。小顔にするための方法では骨を削って顔の骨格から形を変える方法がありますが、ボトックスエラに比べてかなり高額になりますし、手術が必要なので時間もかかります。そして手術を行った場所は簡単には元の状態には戻せなくなります。それに比べてボトックスエラは一度施術を受けても6カ月ほどで元の状態に戻るので、お試し感覚で行うことができるという手軽さが魅力です。ボトックスエラを実際に受ける時には最初にカウンセリングを受ける必要があり、この段階でボトックスエラに関する疑問がある時にはしっかりと質問をしておき、その他にはアレルギーの有無や持病などがある時も伝えておきましょう。そして次に医師による診察を受けて注射をする位置などを決めます。ボトックスエラの特徴は注射をする部位や回数を微調整することで、形を自分好みにすることができることです。そのため最初の施術時は特に慎重に注射部位や注射回数を決めていきます。何度目かの施術だったとしても、ボトックスエラを何度か受けているうちに顔の形が変わってくるので、その時の顔の状態に合わせて注射回数や量を決めていきます。次に皮膚に麻酔クリームを塗り、皮膚表面の麻酔を行い、麻酔が効いてきたら施術を開始しますが、その際には手指で位置を確認しながら注射をしていきます。これで施術は終了で、当日から洗顔もメイクも行えますが、注射部位は数日間の間こすらないように気をつけておきましょう。